ぼちぼちいこか
何の変化もない日常の中でどれだけ続けることができるのか。 日常気になることなどダラダラ書き留めていくつもりです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊読みました
久しぶりに本の話でも

東野圭吾の「幻夜」が文庫で発売されました。
ヘビーなファンという訳ではないんですが、
新刊がでれば(文庫オンリー)取り合えず買って読んでいます。

最近は「手紙」の内容に少し満足できなかったものの最後は号泣したオレですが(笑、
ここ数年で読んだ作品の中で自分的にNo.1の「白夜行」の続編というか、
世界観を引き継いだ作品というか(この辺りは読んだ人の解釈ということで)
とりあえず文庫しか読まないオレにとって数年待ち望んでた「幻夜」が発売されたので
スグに買いました。

で、早速読みはじめることに・・・
世界観というか作品全体に漂う空気は「白夜行」と同じです。
しかし、色んな方がネットで書評を載せてますが、
「白夜行」が完璧なパートナーであったのに対して少し物足りなさが感じる印象。

時代背景が阪神大震災後なので、自分自身が社会人になった頃の設定のため、
作品の設定に白々さが感じるものとなりました。

もちろん一気に読み終わり、全体の印象は満足できる内容でしたが、
「白夜行」が素晴らしすぎたと思ってるので、今一歩物足りなさを感じたのも確かです。

ただ「白夜行」の続編として考えると良く出来た話になってるし、
さらなる続編を期待したいと思います。

取り合えず「白夜行」をもう一回読もうっと。
いろんな検証をしているサイトをご紹介しておきます。
完全ネタバレなんで注意してください。
白夜行と幻夜- 『幻夜』は『白夜行』の続編か!? -
スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

■ この記事に対するコメント

お邪魔します。
今日はご報告とお礼に参りました。
わたしのブログを閲覧してくださるみなさん。
さらにコメントを残してくださるみなさん。
みなさんのおかげで「夢(目標)」がひとつ
叶うことになりました。

わたしのブログが文芸社さんより
書籍化され出版されることになりました。
書店発売予定日は11月1日。
(書店によってはずれがあるかも・・)
10月下旬より書店での注文可能。
発売開始日よりアマゾン、ヤフーブック、
ブックサービスでのネット注文可能になります。

本の主タイトルは 「愛唄」
(サブタイトル バツイチ女のひとり言)
ペンネーム 「咲 泰子(さくらやすこ)」
ペンネームの由来は亡き母の名前の泰子。
逆から読んだら「泰子が咲く」・・・です。
名づけ親さんの優しい発想です。

ほんとにみなさんのおかげだと感謝しています。
ありがとうございます!!

ブログは更新ペースはゆっくりになりますが
今後も続けていきますので
どうかよろしくお願いします。


【2007/10/21 22:28】 URL | モモ #- [ + 編集 +]


■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://johntype.blog93.fc2.com/tb.php/19-125c3afc
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

YouTube人気動画リスト!

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。