ぼちぼちいこか
何の変化もない日常の中でどれだけ続けることができるのか。 日常気になることなどダラダラ書き留めていくつもりです
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新刊読みました
久しぶりに本の話でも

東野圭吾の「幻夜」が文庫で発売されました。
ヘビーなファンという訳ではないんですが、
新刊がでれば(文庫オンリー)取り合えず買って読んでいます。

最近は「手紙」の内容に少し満足できなかったものの最後は号泣したオレですが(笑、
ここ数年で読んだ作品の中で自分的にNo.1の「白夜行」の続編というか、
世界観を引き継いだ作品というか(この辺りは読んだ人の解釈ということで)
とりあえず文庫しか読まないオレにとって数年待ち望んでた「幻夜」が発売されたので
スグに買いました。

で、早速読みはじめることに・・・
世界観というか作品全体に漂う空気は「白夜行」と同じです。
しかし、色んな方がネットで書評を載せてますが、
「白夜行」が完璧なパートナーであったのに対して少し物足りなさが感じる印象。

時代背景が阪神大震災後なので、自分自身が社会人になった頃の設定のため、
作品の設定に白々さが感じるものとなりました。

もちろん一気に読み終わり、全体の印象は満足できる内容でしたが、
「白夜行」が素晴らしすぎたと思ってるので、今一歩物足りなさを感じたのも確かです。

ただ「白夜行」の続編として考えると良く出来た話になってるし、
さらなる続編を期待したいと思います。

取り合えず「白夜行」をもう一回読もうっと。
いろんな検証をしているサイトをご紹介しておきます。
完全ネタバレなんで注意してください。
白夜行と幻夜- 『幻夜』は『白夜行』の続編か!? -
スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

本のお話
この前読んだ「モルヒネ」に満足できず書店へ向かいました。

すると文庫売り上げランキング2位になってるじゃないですか!
オレの感性が違うんかなぁと不安になりながら色々物色を始めます。

基本的に、金銭的、サイズ的に文庫、新書ばかり買っているのですが、
最近は新書ブームということもあり教養系の作品が多く出版されています。

色々目移りはするんですが、とりあえず今回買ったのは・・・

信長

「信長 歴史を動かした「ただひとり」の男」/加来耕三 だいわ文庫

もともと歴史小説から入っていった人間ですから、
実際のところ安心して読んでいけます。

歴史上の人物で好きな人は?・・・って聞かれると「信長!」って答えるオレですが、
知らないことも多いんですよね。

ただ今回の作品についてはある程度知っていた知識が中心でして、
新しい発見というものは別段ありませんでした。
作品としては、本能寺の変から遡るように書かれており、非常にまとまっていたと思います。

しかし、残念なことに一番知りたいことが今回もまた持ち越しになった感じです。
「なぜ明智光秀が謀反を起こしたのか?」

今まで歴史小説や信長に関する出版物を読んできましたが、
どれも自分の中で納得できる仮説がないんです。

もちろん400年以上も前のことですから、史実がどうだったかというのは分かりません。
どんな仮説でも納得させられるものならいいんです。
なかなか見つからない。

誰か知りません?

テーマ:オススメ本 - ジャンル:小説・文学

本のお話~感想~
昨日紹介した「モルヒネ」ですが、あらすじを書くのを忘れてました(笑

本の裏表紙を見てみると、
「在宅医療の医師・藤原真紀(ふじわらまき)の前に、
元恋人の倉橋克秀(くらはしかつひで)が7年ぶりに現われた。
ピアニストとして海外留学するため姿を消した彼がなぜ? 
真紀には婚約者がいたが、かつて心の傷を唯ひとり共有できた克秀の出現に、心を惑わせる。
やがて、克秀は余命三ヶ月の末期癌(がん)であることが発覚。
悪化する病状に、真紀は彼の部屋を訪れた…。」
ってことです。


これはほんの触りの部分になるので核心には触れてないんですが、
言い方悪いですがありがちと言えばありがちな設定です(笑

それで今朝読み終わりましたがどうにも不満足。
話の筋としては悪くはないと思うし、
これがドラマや映画なんかになるとある程度感動できるんやろうなって感じなんですが、
どうも文体が合わない。感情移入が出来ないんです。
細かい描写が感性に合わないのか、全く頭の中で絵が描けませんでした。

もちろん感じ方は人それぞれなので悪い作品と決め付けはしませんし、
実際書店では売り上げランクの上位に入っていますから支持されているのでしょう。

ですからこの作品を読んだ方の感想を聞いてみたいなぁと逆に感じてしまいました(笑

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

本のお話
モルヒネ

昨日書店をブラブラしてると目に留まった本があったので買ってしまいました。

基本的にはミステリーか歴史小説がメインなので、こういった恋愛小説といわれるジャンルに手を出すことは少ないのですが、何故か惹かれるところがあり衝動買いしてしまいました。

で、まだ読み始めて間もないので感想も何もあったもんじゃないですが、こういう文体というかこの作者の文章がオレには合わない!(笑、それが印象です。

ただストーリーがどうのって言うことではないので、それは読み終わってからお話できればと思っています。

テーマ:今読んでいる本 - ジャンル:本・雑誌


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

YouTube人気動画リスト!

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。